多能性幹細胞安全性評価委員会
活動報告

運営方針

  • AMED MEASURE*の活動を通じて、多能性幹細胞由来の再生医療製品の研究開発において重要となる、国際的な規制方針に合致する安全性評価方法を検討し、そのコンセンサスを得る
  • 多施設共同研究を通じて造腫瘍性試験や体内動態試験法のバリデーションを行う

 

(*Multisite Evaluation Study on Analytical Methods for Non-clinical Safety Assessment of human-derived Regenerative Medical Products)

最新情報

現在、準備中です。