サポーティングインダストリー委員会
活動報告

活動目的(ミッション)

再生医療周辺産業バリューチェーンの整備と活性化を通して、再生医療の産業化と普及促進に貢献する

組織

コアメンバー会 施設・機器部会 原材料・資材部会 物流部会 検査部会

最新情報

現在、準備中です。

活動計画【2020年度】

1. 組織と主な活動

1. 4つの専門部会で、それぞれの製品・サービスについての課題検討、勉強会開催等の活動を推進する。

施設・機器部会
施設、製造機器等を扱う
原材料・資材部会
培地、原料細胞、器材等を扱う
検査部会
検査に用いる機器、試薬等を扱う
物流部会
物流、保管、バンク等を扱う

2. 部会共通テーマを扱うため、以下の横断WGを設置する。

イベント企画WG
各種イベントの企画及び、運営事務局を担当する
市場調査企画WG
周辺製品、サービスに関する市場調査・実態調査を企画・実行する
規格化検討WG
FIRM規格の実現に向けた体制検討と、既存のFIRM基準の規格化サポートを、標準化委員会との連携により推進する

3. 各部会長、副部会長から成るコアメンバー会が、活動の統括、方針決定を行う。

2. 再生医療等製品委員会との連携

各専門部会において再生医療等製品委員会 製造関連部会との議論の場を設け、製造、検査、物流のプロセスにおける課題を抽出・整理し、相互理解を深める。更に、解決策を協議し、FIRM基準等に取りまとめ発出する。

3.省庁、アカデミアとの連携

経産省、厚労省、PMDA、および日本再生医療学会等と定期的に意見交換の場を持ち、周辺企業の課題・要望を伝えると共に、FIRM基準策定をはじめとする委員会活動への支持・支援を求める。

4. 各部会活動計画

施設・機器部会

  • 既存施設の課題抽出
  • 第三種施設のあるべき姿の検討
  • 規制当局との情報、意見交換
  • 機器勉強会の企画と実施

原材料・資材部会

  • 原材料・資材の課題抽出、提案
  • 生物由来原料基準の調査
  • 関連する勉強会の開催
  • 培地・試薬ユーザーガイドの取りまとめ
  • 器材ユーザーガイドQA集の作成

検査部会

  • 検査の課題抽出
  • 関連する勉強会の開催
  • 検査機器事例集のフォローアップ
    (第3種再生医療等提供施設へのアプローチ)

物流部会

  • 物流の課題抽出
  • 国内外の規制/市場に関する情報収集
  • 物流関連分野の規格化ニーズの検討
  • 各種イベントの企画・実行(施設見学等)
  • 細胞輸送国際標準(ISO21973:2020)の和訳検討および作成・公開済FIRM基準の見直し検討

活動実績

2020年10月16日 再生医療JAPAN2020における出展・登壇

再生医療JAPAN2020 (2020.10.14(水)~16(金)パシフィコ横浜)のFIRMブースへの出展および再生医療 Stageへの登壇にて活動紹介を行いました。

https://www.ics-expo.jp/saisei/ja/

2020年4月1日 組織再編

2019年度までのサポーティングインダストリー部会から「サポーティングインダストリー委員会」へと組織を再編しました。周辺産業の活性化に向けた取り組みを加速していきます。

2020年4月 従来の6WGから4専門部会に再編