会長あいさつ

会長あいさつ

代表理事・会長 戸田 雄三

我が国の再生医療は、研究分野では世界を大きくリードしています。

しかし、平成27年6月現在、日本国内で認可されている再生医療製品は2品種に留まっており、アカデミアの研究と、患者様や医療の現場(市場)の間には、まだまだ大きな谷があるのが現実であります。

再生医療の産業化に向けての、企業が活動するうえで共通の土台となる自動培養装置、輸送、およびCPC (Cell Processing Center)等のFIRM基準の検討もかなり進んできました。
また、FIRMは、産業化拠点実証タスクフォース(RMIT:Regenerative Medicine Industrialization Taskforce)を設立、東京日本橋に事務所を開設し、産業化実証の第一拠点を神奈川県殿町に置くことを決定しました。
さらに、アメリカの再生医療の産業団体であるThe Alliance for Regenerative Medicine(ARM)との提携も行ないいろいろな意味で目に見える成果が出てきています。

昨年11月に再生医療関連2法が施行され実用化が加速する道筋ができました。
最近の報道でも再生医療は大きく取り上げられることが多く、産業界の関心も高くFIRMの参加企業も150社を超えてきています。

今年度は、FIRMの活動も仕掛けづくりから、産業化の実施への大きな曲がり角に来ている重要な時期であると考えています。
産業界の団体である「一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)」が果たすべき役割はますます大きくなっており、会員企業の英知を集め再生医療の産業化にスピード感をもって推進することを目指し、皆さんと一緒に邁進してまいります。