活動報告

活動報告

2014年3月5日 再生医療学会年次大会にてシンポジウムを共催しました

3/4(火)~6(木) 再生医療学会年次大会(国立京都国際会館)にてシンポジウム(SY14)を共催し、約600名の方にご聴講頂きました。

「産業化に向けた制度設計と展望」… 3/5(水)8:30~10:30  会場名:第2会場 ANNEX1

座 長 : 江上 美芽 先生 (東京女子医科大学)、吉岡 康弘 氏 (FIRM運営委員長)
講演1 : 森尾 友宏 先生 (東京医科歯科大学大学院 発生発達病態学分野)
「細胞培養加工施設基準ワーキンググループ報告」
講演2 : 紀ノ岡 正博 先生 (大阪大学大学院工学研究科)
「細胞加工にまつわる機器基準についての取組み」
講演3 : 毛利 善一 氏 (FIRM会員、JCRファーマ株式会社)
「細胞ソース:同種他家細胞治療薬開発の課題と展望」
講演4 : 横山 周史 氏 (FIRM会員、株式会社リプロセル)
「iPS細胞関連事業の最前線」
講演5 : 大友 純 氏 (FIRMサポーティングインダストリーWGリーダー、株式会社日立製作所)
「周辺技術産業の業界基準検討動向」
講演6 : 細野 恭史 氏 (FIRM医療経済WGリーダー、株式会社セルシード)
「再生医療の産業化に向けた経済的課題、FIRM医療経済WGの活動成果より」
講演7 : 畠 賢一郎 氏 (FIRM規制制度WGリーダー、株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング)
「新制度を活用した再生医療の普及と国際展開」
パネルディスカッション:経済産業省製造産業局生物化学産業課 江崎 禎英 氏 と、上記講演者7名